年間スケジュール
土木積算システムの井解
土木積算システムの井解
データのアップデート
データのアップデートは通常年2回行う予定です。
また上期と下期でそれぞれ対応が異なります。
上期アップデート
上期のアップデートは毎年行われます。ただし、上期においては変更点が多いため数回に分けてリリースを行う可能性があります。
上期においては、機械損料、機械損耗費、人件費、積算基準など多量の変更点があります。これだけの量を短時間に変更することは残念ながらできません。またそれぞれ公開時期が異なるため、一度のアップデートで全てを行うとなると時期的に遅くなってしまいます。このため該当年度の変更の量によってリリース回数が変動します。
また、細かくアップデートしていただいても、時期を遅らせてまとめてアップデートしていただいても結果としては同じになります。
下期アップデート
下期のアップデートは毎年行われるわけではありません。DogMarkSystemのデータアップデートは変更が確認され次第行うようにしますが、この時期に該当年度の資料がほとんど出揃います。そのさい前年度、ならびに上期との差が確認された場合アップデートを行います。
その他アップデート
年間を通して、改定情報の調査は常に行っています。改定情報の確認が取れ次第早急にアップデートを行います。また年間を通して新しいデータの追加を行います。